盲導犬 お仕事中なう♪

京都に出張中の旦那様から写メが来ました。

「今、バスの中に盲導犬がいます」って内容でした(^^;)

滅多に街へ出かけないフチゴロウの生活、盲導犬に出会うこと

もないので、思わずへ〜、ほほ〜どこどこ〜?と見入ってしまいました♪

さすが旦那さん!私の喜ぶツボをよくご存知で(^^)



おっきい体のラブラドールがどこにいるかわからないくらいに、

周りのじゃまにならないように、ユーザさんの足下に座っていますね。

なんか、じ〜んときます(^^)

f0177261_18105593.jpg


こんな光景が盲導犬だけじゃなく、一般のペットでも見られるような

そんな人と犬が共存できる社会、夢のまた夢ね、ふっ(^^;)



余談ですが、、、
盲導犬って過酷な労働だから長生きできないなんていう俗説が
ありますが、そうではないんですね。
盲導犬にとっては頑張って辛いお仕事をしているという感覚では
ないんですって(^^)
飼い主から指示を受けて何かをやることが大好き。すなわち働く
ことが喜びなのがラブラドールという犬種で、だからその気質が
盲導犬に向いているので使われているんですね(^^)
一人ぽっちで庭に繋がれっぱなしで飼われるラブラドールよりも
盲導犬の方がずっと、心が満たされてストレスが少ないから、引
退後も長生きする子が多いんです。
それは、遺伝的疾患、などが出ないように、きちんと計画的にブ
リードされていることも大きな要因ではあると思いますが(^^)



ちょっと古いですが2006年7月24日の毎日新聞の記事↓

ペットより1歳以上長生き
 全国盲導犬施設連合会(塩浜良夫会長)が盲導犬の平均寿命について初の全国調査をしたところ、「約13歳で、ペットより長生き」という結果が出た。盲導犬は忠実に働く姿から「ストレスのために短命」と誤解されがちで、使用をためらう視覚障害者もいるという。同会は「短命、かわいそうという俗説をなくし、健康管理が行き届いている真の姿を知ってほしい」としている。
 調査は、加盟する全国8カ所の盲導犬訓練施設を対象に実施。育成した盲導犬のうち、1975年3月~今年4月に死んだ盲導犬413頭の平均寿命を算出したところ、12歳12カ月(11カ月以上12カ月未満)だった。死んだ年齢は15歳が70頭と最も多く、次いで14歳の68頭。最高齢は17歳で5頭いた。
 一方、飼い犬は東京農工大大学院の林谷秀樹助教授(獣医学専攻)らが02年8月~03年7月に死んだ3239頭を調べたところ、平均寿命は11.9歳で、盲導犬の方が1歳ほど長生きだった。
 盲導犬は、訓練後に2歳から働き始め、約10年の活動後、リタイアしボランティア宅などで過ごすのが一般的。同会の下重貞一さんは“長命”の理由として、「ワクチン接種やフィラリア予防の投薬がようやく普及してきたペット犬に比べ、盲導犬は仕事の性質上、常に清潔や体調などの健康管理が行き届いているからでは」と分析している。
 「盲導犬訓練施設年次報告書」によると、今年3月末の国内の実働盲導犬数は952頭。
【平井俊行】毎日新聞 2006年7月24日15時00分


by fuchigorououkoku | 2010-08-18 16:13 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/14421387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。