噛む犬に勉強させてもらいました

ご近所さんの紀州犬のお散歩、4日目、最終日です(^^;)

どうしたら噛まれないか、距離感、タイミング、を犬も私も
お互いに意識しながらの4日目、なんとなく掴めてきました。
私の緊張がとれてくると犬の緊張も取れるんですね。
昨日まではお互いの存在をかなり意識しながら歩いてましたが、
こうすれば噛まれない、こういう場合は噛まれない、っていう
のを、飼い主さんに気付かれないように(←なぜに?:笑)マ
ネージしたり、犬の様子をじっくり観察しながら散歩しており
ましたら、犬も私の存在をあまり気にしすぎる事なく歩くよう
になってきました。
リードを握る人間のメンタルはリードを通して犬にダイレクト
に伝わるもんだと感じました。

普段はあまり接する事のない俗に言う「噛む犬」と一緒に散歩を
した4日間、短い時間の中でしたがとても学ぶ事が多かったです。

目をじーっと見つめると、唸る、吠える。
一定の距離以内に近づくと噛もうとする。
背中を見せると噛もうとする。
甘噛みしてみて私の反応を見ている(試している?)

わかりやすいったらありゃしない(笑)

でも飼い主さんにとっては、いくら噛まれようとも目の中に入れて
も痛くないくらい可愛くて、大切な大切な愛犬なのです。
いろんな形の愛があるんだなあ。。。

by fuchigorououkoku | 2012-02-23 19:27 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/17231538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。