考え方次第〜犬は経験し、考え、学習し、そして行動する〜

三年前の出来事を、今頃思い出したことがある(^^;)

タマを愛護団体から譲渡していただいて間もないころ、

「犬といえばドッグラン」

「何はともあれとりあえずドッグラン」

「走らせたいからドッグラン」

と、安直な考えでドッグランに連れて行きましたと(^^)

休みの日だったので、見知らぬたくさんの犬がごったがえ

していたドッグラン。入場して早々、タマを「さあ〜走って

おいで〜!」と放牧しました。

タマは「きゃっほ〜〜〜〜!」と猛ダッシュで駆け出しまし

た。

すると、、、一匹のシェパードがタマに襲いかかりました(@@)

私は超びっくり!!!

いや、それ以上に驚いたのはタマだったでしょう(^^;)。

相当強い「ハッ」とする刺激(←masumiメルマガ参照)

を受けたようで、びっくらこいて、すごすごと尻尾を巻いて、

こちらへ戻ってきました。

幸い、怪我はなかったのですが、その瞬間から、タマはラン

で、そろ〜りそろ〜りとこそこそ歩き(^^;)、最後まで

そろ〜りそろ〜りとこそこそあるきで歩いてました(^^;)


で、一体何が起こったのかといいますと、、、、、、、、、、

ドッグランはこういう状況だったのでございます。

f0177261_14273021.jpg



ランの右側の奥にシェパードとその飼い主さんが居りまして、

シェパードはその飼い主さんを守って、点線を越してくる犬

全てに攻撃を仕掛けていたのです。

で、何も知らないタマが、ダッシュで点線を越えてしまい、

こういうことになったわけです。

f0177261_14273765.jpg






広〜いランなのに、なぜか、左側半分に犬と飼い主が芋の子を

洗うようにうじゃうじゃ居たのはそのせいだったんですね(^^;)

全く気づきませんでしたわ(^^;)

おそらく、みんな、同じように、点線を越えて攻撃されたので、

左側に溜まってたんですね(^^;)


タマは、向こう側に行くと攻撃される!

ではなく、

走ると攻撃される!

と認識したみたいで、その日、ランではずーっとそろりそろり

と歩いて、走る事はありませんでした(^^;)



当のシェパードの飼い主さんはというと、自分のシェパード

の様子を微笑ましく見守ってらっしゃいました。止めること

もせずに(^^;)。



ドッグラン初心者だった私は、「ドッグランとはこういう

危険があるところなのか、おそろしい」と思い、それ以降、

知らない犬が集まるランからは足が遠のきました(^^;)



後日聞いた話ですが、そのシェパードさん、とうとうポメ

アンを大けがさせて入場禁止になったそうな。(なんで小型

犬がそのランに居たのかという疑問は残るが)


もうね、飼い主しかおらんのですよ、自分の犬を守るのは。

犬を加害者にも、被害者にも、しない為には、飼い主がしっ

かりせにゃーならんのです。



で、タマはというと、ドッグランでダッシュすると攻撃を

受けると学習したらしく、その後、たくさんの犬がフリーで

居る場でいきなりダッシュで走り出すことをしなくなりました。


これって、、、

犬が怖い思いをしたので悪い経験

ともいえますが、

過度に興奮している個体は他の犬の攻撃を受ける可能性が

ありますから、フチゴロウ的には、大けがせずに、タマが

多くの犬の中で攻撃されないような振る舞いを身につけた

ことはいい収穫♩ともいえる

のでございます(^^)


そんな三年前のことを、なぜかふと思い出したのでした(^^)

by fuchigorououkoku | 2013-06-08 14:32 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/19771732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ah-kichi at 2013-06-09 22:31
そのシェパードの飼い主さんが考えを改めてくれてると良いですね(涙)

ポメちゃんの無事も心配だけど、そのシェパが刹処分になっていなければいいけど。。。。。

タマちゃんが怪我しなくて良かったです(>_<)
Commented by fuchigorououkoku at 2013-06-10 19:02
あーきちさん

考えを改めるためには、なぜそのような事が起こったか、
原因と対処法を飼い主さんに分かりやすく説明してくれ
る「誰か」が必要ですよね。

そんな「誰か」になれるように、おがたいがんばりまっ
しょい〜(^^)

犬を怪我させたくらいでは、よほど飼い主同士が揉めない
限りは殺処分にはならないと思いますが、実際のとろこは
どうなんだろう?



Commented by ah-kichi at 2013-06-11 09:19
他の犬に噛みついても笑ってるような飼い主さんなら、相手に大怪我させた時点で「もう、こんな犬は要らない」とかって保健所に連れて行ってしまいそうで。。。。。

あーきち地方は大型犬は譲渡されないそうです。こちらの保護犬のボラの方に、我が家のシェパも保健所に持ち込まれてたら刹処分だったろうと言われました。

本当にフチゴロウさんが仰るような「誰か」になりたいものです。
Commented by fuchigorououkoku at 2013-06-11 22:06
あーきち様
あ、そっちの意味でしたか(^^;)

この犬、訓練所に委託訓練に出されてる子だそうな(^^;)
犬は訓練されてても、飼い主さんが訓練されていないから
こういう事故が起こりますね。
今回のセミナーでMASUMIさんが言ってた、「訓練所や訓練
士にトレーニングしてもらうのなら、飼い主も参加、介入、
関わらなきゃダメよ」って言葉の意味を実感しますね。

おっと、つい熱くなってしまいました(^^;)

大型犬というだけで譲渡されないんですか。。。。
大型好きとしてはくやしい現実ですね。。。。。。。