フチゴロウの独り言〜雷のはなし〜

私が勝手に思った事をつぶやいておりますので、
「ふーん」くらいで読み流してね〜(笑)



先代のロットワイラー響きくんは、雷がめちゃ

怖い犬でした。引き取った頃はそうでもなかった

のに、いつのまにか超雷嫌いになりました(><)

その頃の私も雷が苦手で、雷の度に、犬と私、

一緒にオロオロ、ドキドキ、なってました(^^;)

その先代が亡くなったあと、全部ではないが、

雷が鳴った時の飼主の対応が、雷嫌いな犬に

なるか、雷平気な犬になるか、に影響するという

のを知り。

ああ、もしかして、響君があんなに雷を怖がるよ

うになってしまったのは私のせいなのか!?

悪い事したな〜(><)

って、すごく思ったし、それと同時に、

それって本当なのか???

と、めちゃ興味が湧いたので、それ以降の犬との

生活は、雷が鳴っても、私が全く動じないように

徹してきました。(お陰で自分の雷嫌いを克服で

きました:笑)

注:この場合の「動じない」とは、具体的には、
あたかも雷が鳴っていないかのように振る舞う
ことである。犬に、落ち着いて、とか、大丈夫
よ、とか話しかけることも一切なし、抱っこす
るとか、撫でることもない、犬がこっちをみつ
めて助けを求めてきたとしても「あ〜、なんか
鳴っとるね〜、あはは〜」とハナクソほじりな
がら(←MASUMIブログよりパクリ)話しかけ
るくらいの雰囲気のことである。時には「そん
なに怖いならここに避難しとけば?」とクレー
トに誘導してあげたりすることもある(^^)

そのせいかどうかは???ですが、それ以来、うち

で預かった犬達10匹、雷が鳴っても誰も動じませ

ん(預かり期間中に雷が鳴らなかった子も居ますけ

どね^^;)

もちろん、持って生まれた性格や、以前の環境も関

係するでしょうから、人(周り)の態度が100%

犬の雷苦手に影響するなんてことはないでしょうけど、

今預かっている、ドーベルマンのミシェルは、

初めて雷が鳴ったとき、少々オロオロしてたのですが、

周りの犬も人も、まったく動じないので(笑)

二回目に雷が鳴ったときは、一回目よりも落ち着い

ていたので、やっぱり、人(周り)の態度次第でそ

の犬の反応が変わってくるというのは、少なからず

あるんだな〜と、感じた出来事なのでした〜(^^)

これも「興奮の伝染」ってやつだね、きっと。

by fuchigorououkoku | 2013-07-20 14:51 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/20052301
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。