えびちゃん、 病気(><)

珍しくエビスが病気になった。
後のために記録に残しておきます。

8月12日 日記にアップした「お仕事ですよ!」の動画を撮る時
エビスの動きや反応が鈍いなと感じる。

8月13日am6:30
いつもどおり寝室で寝ていたエビスをベッドの上に呼ぶ
     と来ようとするが後ろ足がふらついてベッドに登れない。
     これはおかしい!
そういえば、、、ここ一週間、早朝にエビスがうなされて寝言を言
ってたり、帰宅したときに玄関に出迎えに来なかった事を思い出す。

     
     この時熱は39.1℃。ふらつき。症状はこのふたつだけ
     だが、こりゃ普通じゃない状態。
     
     様子を見ていたが良くなる気配がない。
     ホームドクターはお盆休みなので、さてどこの病院につ
     れていこうか。設備は小さいけど車で5分病院か、設備は
     整っているが車で1時間の病院か、、、この状態で行って 
     も出来る事は限られているだろうから、移動の負担を考え
     て車で5分の病院に行こうと決める。

     症状とかをざざーーーーっと調べてのこの時点での私予想、
     脳疾患、心臓疾患、甲状腺、etc
     この動き方は外科的なもんじゃないという事だけは確信で
     きた。
     ある程度予測をしていくのは、獣医さんの話が頭のなかで
     ちゃんと理解できて、整理できるようにと、話し合いや治
     療方針がスムーズに進むようにするため(^^)
     素人判断ではあるが、いつも病院に行くときは可能性のあ   
     る考えられる病名をざざーっと頭の中に挙げておく(^^)

     am11:00
病院へ:
         お出かけのテンションで元気になってしまって、家
         でのぐったりした様子や足を引きづる様子が出ない。
         アドレナリンが出てるだけで、家ではもっとぐった
         りしてほとんど動けないんです。と言っても説得力
         がない(^^;)。。病院も人も好きなので診察台
         の上にたってブンブン尻尾振ってるんだもん(^^;)
         熱は39.7℃
         念のためエコー検査するが、内蔵にはなにもみあた 
         らない。血液検査してほしかったけど、まあ先生が
         必要ないと言うんだからいいかなと思う。
         
          一時的な低血糖かもと言われる。
         「様子見で」と言われ家に帰る。

 pm4:00  家に帰って、ふらつきが進行して、自力で全く動けなく
         なる。安静時の体温40℃こりゃあかんわ。でも相変わら
         ず食欲はある。
         この時点での私の予測 バベシア、脳疾患、甲状腺。
         血液検査をしてもらいに再度同じ病院へ。
         一般的な血液検査では特に問題ある数値は出なかった。
         先生が必要と思う項目以外に、私が気になっている甲状腺
         の項目も簡単な検査だけどリクエストしてやっていただい
         た。甲状腺機能低下症、低血糖、低カリウム症、筋無力症、
         この時点で上記の可能性はかなり低くなった。
         先生にバベシアでは?と質問するが、それなら貧血の症状
         が出ているはずだから、ないだろうということだった。
         先生は重傷筋無力症を疑ってるようだ。私はバベシアを
         疑っている。
         点滴を打ったら熱は39.6℃。少し下がった。

       夜:もう自力では立ち上がれない。どこかが痛いわけじゃなく
         熱で?しんどくてしんどくて、寝返りうつのもしんどい、
         って感じである。
         でも食欲はあるのでドッグフードと水。
         この日の為に準備しておいた介護ベルトで補助してやれば
         自力でトイレに行けた。
         エアコン26℃の部屋なのにハアハア暑そう。熱は40℃
         首と足の付け根に氷嚢をあてて扇風機で冷やしてやると
         0.5℃くらい熱が下がった。楽そう。

       夜12時 リビングで付き添おうとおもったら、みんなと一緒に
           2かいの寝室に行きたいというので、だっこして寝室
           へ運ぶ。下のほうが看病しやすいけど、みんなと一緒
           にいつもの場所で寝たいんだな〜。その気持ちをくん
           であげよう(^^)

           横に寝ながらアイスノン取っ替えひっかえ、熱を下げ 
           てやってたらフチゴロウ思わずうとうと。

 8月14日    am1:00 げろ〜〜〜〜!という音で目が覚めた(^^;)
           1時。ベッドの上がゲロの海。フードとがぶ飲みした水
           が半分消化された状態で出て来た(^^;)
           エビスは奇麗好きの男、自分のゲロにまみれても動けな
           いくらいだから、よっぽどしんどいんだな(^^;)
 
           あらためて、首にも氷タオル付けて熱下げる。
           40℃と39.5℃の間を行ったり来たり。
           高熱が続くと脳に障害が出るのが心配だわね。
           
           
           朝7時 ベッドでまた吐く。
           でも自力でベッドから降りた。昨日夜よりも
           すこし歩けるようになってるけど、少し歩くと
           すぐに息苦しくなるからだっこして二階からおろす。
 
           30キロの犬の介護は大変だ〜!と実感(^^;)
           
           一階に降りて来て。
           自分でなんとかふらふら歩いてみずを飲む。
           でもそれ以外はずっと寝て動かない。
           まさかこんなに急に介護生活がやってくるとは〜〜!
           トイレも介助がないと行けない。どこかが痛いとい
           うのではなく、体がだるくて、おもくて、しんどい
           って感じだ。ふらつくので、自分でも転ぶのが怖い
           みたいで、歩くのを躊躇する。
           無理矢理歩かせるのではなく、歩きたい気持ちになって
           足を踏み出したときに、いかにも犬が自分の足で歩いて
           いるように思い込ませる感じ(うまくだます感じ?^^)
           で介護ベルトで支えてあげると、「あ、オレ歩けてる、」
           って安心するみたい(笑)犬ってかわいい。
           自分で自分の事はできている、っていう自信は生きようと
           する力になる。トイレや移動、自分で出来そうな事は、
           できるだけやらせてあげて人は「補助」する事で、本人の
           プライドを保ってあげることは大事かもな〜(^^)

           うちの旦那さんは、なんでもやってあげようとするけど、
           今まで普通に出来たことが出来なくなるって、犬もきっと
           不安だと思うから、出来てるように思い込ませて、自信を
           失わせないって、大事。
           
     AM8:00  体温39.7℃震えが出ているのが気になる。
           食欲もだんだんなくなってきた。水をガブのみすると
           吐くので、少しづつ。トライプ缶食べない、ゆでた鶏
           肉、ドッグフード、ヨーグルトは食べる。帰りにプリ
           ンを買ってこよう。


     AM10:00 病院へ点滴へ。。車まで歩くのも困難なので、すべて
           抱っこ。昨日の今頃はまだ歩けた事を思うと、すごい
           急なスピードで状態が悪くなっている(><)
           今日も血液検査をお願いしよう。昨日は出てなかった
           貧血が出てたら、バベシアを疑おう。ダニ予防はもち
           ろんやっているが、エビスの経歴や、我が家のライフ                      スタイルから、可能性は低いが、あり得ない事ではな
           いと思うからだ。
           
           先生の病名予測と私の予測が違う。獣医さんは病気の
           プロ。私は犬の病気の素人。でも、私は毎日ずーっと
           犬と一緒にいる「うちの犬」のプロだ(笑)だから、
           私の見解、考察、予測も、しっかり話してセッション♩
           私の思い当たる病名のこと、なんでそう思うかを症状
           にあてはめて話す。それはこういう理由で違います。
           とちゃんと納得できる説明をしてくださいました。
           こんなめんどくさい飼主にちゃんと説明して
           くださるいい先生、感謝。

11:00〜13:00 病院で点滴と血液検査とレントゲン
           体温は39、7℃
           血液検査できのうより一気に貧血が進んでいた。やっぱり!
           血小板も一気に数値が悪くなっていた。バベシアの特徴だ。
           (あくまでネット情報と飼主の直感^^;)

           どうしても気になるのでお願い
           して検査機関にバベシアの抗体検査をオーダーした。結果が
           出るのは一週間後。
           もちろん、他の病気の可能性もまだまだ捨てきれてないが、
           私の予測ストーリーはエビスは放浪期間中に感染したバベシア
           のキャリアで、下痢と疲労で抵抗力が落ちた最近になって再発
           もしくは発症したんじゃないかな?(あくまで素人の予測 
           です^^;)
           病名がわかるまで、毎日の点滴とエビスの生命力でなんとか
           持ち直してほしい。
           この日は病院で一回嘔吐。
           点滴の内容は制吐剤、抗生剤、リンゲル液。
           今日ははじめて飲み薬が出る(私があんまりしつこくバベシア 
           を疑うので、バベシアだと仮定してのお薬が出た(もしバベシア
           でなくても、問題はないお薬です)

           先生は、筋無力症を疑われているので、レントゲンで食堂の
           拡張がないかも検査(筋無力症の代表的症状?)したがそれ
           は大丈夫だった。

           しんどいのもあるんだろうけ、エビスはとってもおとなしく
           治療に協力してくれるので獣医さんも私も本当に助かる。

           制吐剤注射したのに吐いたからな〜。今日はとりあえずお薬を
           吐かずにのんでもらいたいなあ。
           この頃から、食欲が全くなくなる。
           

    15時    何も食べない、水を少しのんで、差し出した療法食、プリン
           にも見向きもせずにひたすら寝ている。食べ物を食べない
           エビスなんて、4年一緒に暮らしていて初めて見るのでめちゃ
           くちゃ心配だ。
         
           
17時    日記を読み返しながらエビスの様子を見てふと気付く。
           心配してやたら様子を見に行ったり、撫でたり、普段
           しない事をしてるのでエビスが、めちゃ私たちの顔色
           を伺って不安そうにしているじゃないか〜(汗)
           
           、、、、ってことで、普段通りに接してあげることに
           した(^^;)

    20時    自分で立ち上がって水を飲む、おお!!ナイス!!
           自分の足でトイレに行く(めちゃ黄色いシッコ^^;)
           食欲はまったくない。食べたい気持ちはあるらしく、
           ヨダレはだらだらだけど、食べれないみたい。

    21時    ちょっと顔色いいな〜と熱を測ったら38.8度
           一番高い40℃から1.2度下がった。
           相変わらずなにも食べれないけど、明らかに足取りは
           しっかりしている。
           今できる限りの事はしているので、あとは、エビスの
           免疫システムが頑張ってくれるのを期待するだけ!
           
           がんばれエビスの免疫チーム!!(^^)

           明日はごはんが食べれるようになっているといいな(^^)

    
  

           
           

           

       
         


     
      
     
     

     

by fuchigorououkoku | 2013-08-14 21:48 | フチゴロウ日記♪ | Trackback

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/20203578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。