ノーリードの犬と遭遇

みなさんとお話ししていると、ノーリードの犬と遭遇、

という経験をされた事がある方が多くて驚きます(@@)

フチゴロウはそういう経験が今までなかったんです。

そう、

「なかった」

過去形ということは、

はい、

今朝、とうとう遭遇しました(^^;)

早朝、山に散歩に行ったんです(^^)
f0177261_10554389.jpg


お連れはタマ(ボクサー)、ミシェル(ドーベルマン)、

チェルシー(ロットワイラー)。

チェルシーだけリードを付けて呼び戻せる2匹はフリー。

私より犬達を前に歩かせると、万が一犬や人と出会った時に

驚かせてしまうので、犬達は私の後ろを歩かせていたました。



それは見通しの悪い林道を歩いているときに突然起りました。

98%人と出会うことの無い場所を選び、人の居ない時間を

選び、人や犬がいないかちゃーんと確認して、先が見えない

場所は犬達は私より後ろを歩かせる、という配慮はしていた

のですが。ですが。。。。。。出会っちゃいました(><)


安全には、「これで完璧!」はないんですね(><)


前から、中型のミックス犬が猛烈ダッシュで、こちらに向

かって走ってきました(後方には飼主付き)





今月号のメルマガ読んでる方なら伝わると思いますが、

その時の犬の心理は「興味」ではないことだけは一目

でわかりました、飼主を守っていたのかな。。

私があまりの一瞬の出来事に唖然としている間に(その間1

〜2秒)その犬は私たちのところに到達し、興奮している

タマにとびかかってきました(←いちばん興奮してたからだと

思います^^;)

私は、つい癖で(^^;)&相手の犬がもしかしたら止まる

かな〜というほのかな期待もちょっぴり込めて(^^;)

ごるあ〜!

と叫びまいました(この「大声出す」ですが犬が止まるどころか、

場面によっちゃかえって興奮させてしまう可能性もありますすか

ら、TPOですけどね〜^^;←詳細はMASUMIメルマガ43号で

オベンキョーしてね♩)

すると、、、私の大声で、ひるみました。。。。

チェルシーとミシェルが(^^;)

今月のメルマガ読んでいる方にはおわかりでしょうが、この

勢いで突っ込んできた相手の犬に、やっぱり私の怒号なんて

届くわけもなく、いやむしろ、興奮をあおっただけ(^^;)

でも、この「つい叫ぶ」の癖がなかなか治らないんですよね

とほほ。

で、まずは、私の怒号が「行くな!」の合図になったチェル
シーを(^^;)私の後ろに下げました。
余談ですが一年以上前、チェルシーが保健所に入ったとき接
見に同行してたのですが、その頃の人とつながってなかった
チェルシーをこんなに人の声が届く犬に育てた預かりのS姉
ちゃんや里親さんを、ほんっとすごいな〜って尊敬しちゃい
ました。しつけって、〜を教える、〜が出来るようになる、
〜をやらないようにする、というような事じゃなくて、こう
いう、いざ!と言う時に、人の声が届くように教育する、そ
して、犬が「行きたい!」という自分の欲求よりも、飼主の
命令を聞きたくなるような、犬にとって「この人の命令を聞
くことが幸せ♩」って思われるような存在に「飼主がなる」
ということなんですよね。。。(←これには犬の心理を学ぶ
ことが必須でーす♩)
しつけは犬の安全を守るためのものなんですよ!ここでもし
チェルシーが相手を噛めば、いくら相手がフリー、こっちは
リードをつけている、としても、殺傷能力はロットの方が高
いですから「ロットワイラーが中型犬を噛んで怪我させた」
って言われてしまうんです。もし相手がチワワなら本気でな
くても当たりどころが悪けりゃ殺してしまうかもしれません。
本気を出せば、相手を殺せる能力を「DNAが」持ってるん犬
ですからね。だから、大型犬、特に、こういう一瞬で興奮が
頂点に達するようなパワーブリードの犬種を飼う人は、人一
倍、いや二倍、三倍、厳しくトレーニングする必要があるわ
けです、なんのためかって、自分の犬を守るために!
、、、ハアハアハア、、、し、しつれい、ちょっと鼻息が
荒くなってしまいました。。
、、、ってまあ、自分の
犬が出来てるかって言われると、まだまだですが(^^;)
フチゴロウはこういう気持ちで犬育てしておりますという
紹介でございます、はい(^^;)


で、つづき。。。

リード付きのチェルシーを後ろに下げたら、ミックス犬は

興奮してたタマに向かってきました(まだまだタマには

私の声は届いてないんだな〜と実感させられましたね、い

やむしろ、私の怒号で余計興奮しちゃたかも^^;)


とりあえずこの二匹を引き離そうと、タマの首輪を片手で

引っ掴み引き寄せ(タマの体重28キロ、いざとなったら、

力が出るもんですな〜^^;)それでもタマに向かってく

る犬の前にたちはだかり「やるなら私を倒してからにしや

がれ!(心の声)」の気持ちでタマとミックス犬の間に割

り込もうとしましたが、回り込んでタマに襲いかかろうと

してきまして、ギャウギャウと状況は平行線(^^;)

(その間、相手の飼主さんもは叫びながら自分の犬を捕ま

えようと苦戦してましたが、なにせおじいちゃんとおばあ

ちゃん(^^;)犬はなかなかつかまらず、、ミックス犬

はなかなか諦めずなんとかタマにかぶりつこうとし、私は

タマを守るために犬の前に立ちはだかっていましたが、も

うタマが噛まれる〜と思った私「あの〜、蹴ってもいいで

すか?」と飼主さんに聞きました。(^^;)

飼主は「どうぞどうぞ」って(^^;)

許可をいただきましたので蹴ろうとしましたが、まったく

当たりませんでした。。。そうよね、犬のスピードにばば

あの動体視力、キックスピードが付いて行けるはずもなく

、、、(汗)

そうこうしてるうちに、やっとおじいさんが犬を確保して

くれて収束。

え?ミシェルはどうしたのって?

はい、逃げてました(^^;)

30mくらい離れたところから、ガクブル状態でじーっと

こちらの成り行きを見てました(^^;)

騒ぎが収束したら、戻ってきました。ミシェルがサミッシブ

でよかった(^^;)

しかし、犬も人も誰も怪我せずに済んだのは、、、たまたま

いろんなタイミングが良い方に合ったからですよね。


このミックス犬、人にはサミッシブ、犬には攻撃的だそう

です(飼主さん談)もし、人にも攻撃的であったなら、

割って入った私、蹴ろうとした私が噛まれてたでしょうね。

そして、ミシェルがノーリードだったこと(逃げれた)、

ミシェルがガードドッグなのに(笑)私をガードするという

心理にならなかったこと(ミシェルの性格)も幸いしました。

(あ、基本ノーリードはダメですよ、よい子は真似しないでね)

、びびりなミシェルにリードが付いていたら、おそらく、大パ

ニック→恐怖から反撃→タマに興奮伝染(なにせ興奮が伝染し

やすいヤツなんで^^;)さらに興奮→ミックス犬もさらに興

奮→私も相手の飼主さんも興奮→→チェルシーも興奮、、、、

な〜んてことになれば、まさにこうふんのるつぼ!(^^;)

その場全体の興奮はさらに高くなっていたと予想されます。

すると、さすがのチェルシーも興奮モードに突入していたか

もしれませんね。そして状況はさらにややこしくなっていた

と予想されます(^^;)


〜〜まとめ〜〜


もしノーリードの犬に遭遇したらどうしよう?ってシュミレー

ションはしてるけども、やっぱ、いざとなったら、慌てますね

〜、ま、昔ほどじゃないけど(^^;)


どう対応するか、、、は自分の犬の心理状態、そのときの犬の

組み合わせ、相手の犬がどういう心理状態なのか?によって、

そのときどきで正解は違うんだろうなと思います。(もっと詳

しく知りたい方は、9月号のmasumiメルマガ(43号)を読

んでね)もしフレンドリーな感じで近寄ってきた相手だったら

リードゆるめて、「お〜ひさしぶり〜♩」なんて言ってみたり

するかもね〜(←フチゴロウオリジナル「おひさしぶり」作戦

♩話すと長いんでまたいつか^^)



書くと長い出来事でしたが、「キャプテン翼」のゴールシーン

みたいなもんです(笑)

ミックス犬を発見してから、飼主さんが自分の犬をつかまえて

場が落ち着くまでの間、時間にすると20〜30秒の出来事で

した。

その後、飼主さんとは「お互い気をつけよう」という話し合い

をして別れました(^^;)。

自分もノーリードだったんで、「コントロールできないなら

リードを離さないでください」とは言えなかったです(^^;)

リードは命綱ですよね。。。


興味深かったのは、その出来事のあと30分くらい散歩をつづ

けたのですが、「うしろに下がれ」の指示も出してないのに
私の指示がなければどこを歩いてもいいのですが、「下がれ」
の指示がでれば、私より後ろを歩かなければならない、とい
う、山歩きのルールが私たちの間にはあるのです(^^)


みんなが、私の横にぴったりくっついて歩いていたことかな。

私の頼れる母ちゃん度、アップした?いやいやいやいや、

はったりの威厳がなんとかバレずに済んだというべきか(^^;;)

犬に「行くな!」を教えるだけじゃ片手落ちで、犬が「

オレ(ワタシ)が母ちゃんを守る必要ない」って思うくらい、

私が強い存在にならないとね〜♩

犬はいつも見ているんだね。犬の反応をみて、私が犬からど
う見られているかを、気付かされます♩

人間関係でも犬関係でも、悩んだ時は、まず自分を見つめ直
してみようっと♩

あ、話ぜんぜん変わりますけど、、、まだまだmsumiさん

厳しそう(怖そう?)でセミナーやセッションをためらって

いらっしゃる方がいるようですが(笑)

文章上のmasumiさんと生masumiさんは全然違います。

犬も人にも厳しいイメージですが、ぜんぜん!優しいです。

特に犬には(笑)

アカデミーに行かれた方はみんな「もし犬だったらmasumi

さんに飼われたい」って思ってるはず(笑)


と、文字ばかりで読みづらいですが、記憶が鮮明なうちに書
いてみました〜♩


追記:あとからよーーーーーーく考えてみると、やっぱ私の
   興奮が、相手の犬もタマも興奮させていたような気が
   してきました。。。(^^;)
   タマの首輪を掴んだことで、タマを興奮させていまい
   、結果相手犬の心理も変えてしまったのかもしれませ
   ん。吠えかかられて終わりだったかもしれないのを、
   私のパニックが犬も興奮させ、威嚇→攻撃にスイッチ
   を入れてしまったのかも、、
   相手を蹴ろうとしたのも、余計興奮させただけのよう
   な気がしてきました。無言で仁王立ちの方がよかった
   のかもしれません。。。
   もし、また遭遇事件があったら、まず私が!とにかく
   落ち着いてみようと思います。
   まー、いろんな意味で、良い経験でした〜(^^;)
   「フチさん、慌て過ぎ」masumiさんに言われた言葉
   ですが、まだまだ、あの勢いで突っ込んでこられたら
   慌てちゃうんだな〜自分(^^;)

   
   ちなみにゼウスママのこの日の記事、私的には大変 
   参考になりました♩→ここ
   

by fuchigorououkoku | 2013-10-04 10:32 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(20)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/20509792
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オジ母 at 2013-10-04 10:53 x
以前ボーダーコリーに唸りながら突進された時に私も蹴りで撃退しようとしたけれど、後ろ手に持っていたオジーの元へ何度も何度もすばしっこく回り込まれ一発も決まらず「かあちゃん何やってんの」状態(笑)

遠くでただ見てた(驚)飼い主のおじさんは謝りもせず「犬が好きなんだよー」なんて言うので「唸ってましたけど(怒)!?」って言ったら(えー、うっそだー)みたいな態度だった。
まさに「ウチのコに限って」!!
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-04 15:44
オジ母
うちらの蹴りが当たる犬は、よほどどんくさい
ってことやね(笑)
そのボーダーの心理はいかに?私たち、黙って仁王立ち
してた方が毅然とした感はあるけど、その間に犬噛まれ
とるやろうし、、、とか、いや、もしかしたら、吠え立
てる(威嚇)だけで実際に噛むまでは行かなかったんじゃ
ないか?とか、いろいろ想像してみても、、、正解は永遠
に闇の中よね〜(汗&笑)
Commented by きゃびあ at 2013-10-04 16:09 x
3度ほどノーリードの犬に向かってこられたことありますけど、
どうにもこうにも何もできなかった飼い主です。
何もできないうちに2匹が興奮して
されにそれをおさえようと興奮して怒鳴っているワタス。
ダメダメ野郎でございます。

あ、あと、近所の犬飼いのオジサンが散歩中に
リールとライムに遠くから口笛を吹くので
それを合図に興奮してしまいます。
(ちなみにこの前セッションに来てもらった時に
公園を通りかかったオジサンです。)
余計な声掛けしないでほしいんだけどなぁ・・・なんて言えず・・・。

まだまだ対処できず挙動不審でおります。。。(+o+)
Commented by KEIKO at 2013-10-04 16:12 x
こちらへ引っ越してくる前に2度ほど遭遇しました。。
最初はちっこい子でしたが、いつも網戸越しに吠え盛る子で・・・・。
たまたま網戸があいてて、突進してきました。
「犬がにげましたぁぁぁぁ!」って、コニーを引き寄せ叫んだら
飼い主さんが慌てて飛び出してきて捕獲。
その時
コニーはぽかぁ~んってしてましたけど(笑)
2度目は中型ミックスの子で、その子もお散歩でよく合うけれど、歯をむき出しにして威嚇してる子だったんです。
その子は脱走してきたらしく、リード引きずって走ってきました。
私は硬直・・・・・。そしたらお尻の匂いだけ嗅いだら納得したのか
黙って立ち去りました。コニーはその時も冷静で(笑)
何が一番騒々しくてあたふたしてたと言えばこの私。
その時はピットブルはとにかく一旦血が上ったら相手を咬み殺す!と聞いてたもので・・・・。
でもよくよく見れば、犬の方が対処の仕方をしていたようでした。
コニーは訓練所でほかのワンちゃんとも接触してたからだいじょうぶだったんでしょうね。。
Commented by オジ母 at 2013-10-04 16:16 x
もう一個思い出した(^^;
4~5頭のコーギーが全員ノーリードで吠えながら走って来たこともある。
その時は私の「ゴラッ!」で止まったんだけどその場で吠え続けてるから、後ろで虚しく「××ちゃーん!〇〇ちゃーん!」って呼んでるおばさんに「リードつけてー!」って叫んだら車に取りに行ってた。
携帯さえしてないんかーいっ!!
Commented by ぴくるす at 2013-10-04 18:45 x
そのミックス犬の名前はアズキでは・・・・(涙)

動く者に反応するから、マムシにも噛まれ・・・
カエルさん・バッタさん・カマキリさんも犠牲者・・・

私が大きいワンコを怖がっているから挨拶できずのゴールデンの子がダメ(毛が長く飼い主さんも走り去るのでダメ)、今度挨拶してもらわねばぁ・・・

アズキのハーネス抜きはたびたび有り、焦って追えばに逃げるので追えず、今は冷静に戻せるようになりましたが、そこに知らないゴールデン来たらどうなる事やら、散歩の時はハーネスが抜けないよう首輪もすべきかなぁ・・ですね。

Commented by ディノまま at 2013-10-04 18:50 x
やぁ、この面子みて襲ってくるとはそのミックス犬相当なもんですね。

先代犬でも、今の犬達でもリードから放たれた犬に遭遇すること、結構ありましたね。
相手が柴犬のときは自分の犬が噛まないよう、また噛まれないように吊り上げたり、
シェパードのときは、自分の犬が興奮して吠えたのでシェパードがこれ以上興奮しないように自分の犬を蹴りましたよ。
そしたらクンクン鳴いたので、相手もそれ以上近寄ってはきませんでした。

それにしても、何れのときも相手側の飼い主は遠くで呼んでるだけなんですよね。
シェパの飼い主さんはご老人だったので、シェパの力に負けちゃったんでしょうね。

まぁ、怪我もなく喧嘩にもならなかったのが、せめてもの救いでしょうか。
こういうときって不思議と喧嘩にはなりませんよね。
Commented by ぴくるす at 2013-10-04 19:36 x
追伸

ミックス犬の飼い主さんビビッテたでしょうね

相手のワンコ達を見て(私なら卒倒してます)

フチさんで良かった(本当に!)

アズキならフチさんの「ごるあ~」で逃げますぅ(^^)v
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-04 21:38
きゃびあさんもありますかあ〜(^^)
私たちみたいな小心者は焦るよね〜わはは!
怒鳴るよね〜、無意識のうちに、あちゃ〜!!(^^;)

口笛吹いてくるおじさんがいるんですか〜〜〜(笑)

興奮した犬に引っぱられて、「きゃ〜〜〜!」ときゃ
びあさんが引きずられたりすれば、おじさんも気付いて
くれるのでしょうけどね〜(^^;)

私も団地内では挙動不審ですよ〜(^^)
でもいいんです!散歩は私と犬達とのラブラブタイム
ですから〜♩^^)
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-04 21:44
KEIKOさん
コニーちゃん、しっかり社会化もされていい子ですね(^^)
あとは、KEIKOさんがハンドリング技術をオベンキョーすれば
、コニーちゃん、さらに「いい犬」に見えまっせ〜(ー^^)
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-04 21:50
オジ母
しっかりオチまであるエピソードありがとう!(笑)
うひゃ〜、4〜5頭のコーギー軍団ですか〜(^^;)
ゴラッ!で止まったってことは、そんなに興奮してい
なかったか、もしくは、人の声が届く子だったのか?
&オジ母の声がすげー毅然としてたからか?(笑)

「犬が苦手な犬」を飼ったことない人には私たち
みたいに犬にアグレッションがある人の気持ちは
わからないだろうね〜(^^;)

セミナーでイエローリボン、買うか(^^;)
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-04 22:32
ぴくるす様

いえいえいえいえ、未避妊メス白と茶色でしたのでアズキ
ではありませんでしたよ(笑)

カエル、ヘビには条虫が寄生しておりますので、食べると
危険ですよ(^^)他の虫もいろんな寄生虫を持っている
ので、虫さんも心配ですが、フチゴロウ的には犬さんが心
配です(^^;;)

挨拶は、自分の犬の心理状態、相手の犬の心理状態、
を見てやらないと、うちのエビスみたいに、さらに
犬嫌い、犬怖いにさせてしまうので気をつけてね♩

基本を理解せずに行うしつけは、犬のためならず
ですからね〜(経験者は語る、、、、^^;)

PS:ハーネスも命綱ですもんね〜!ケンケン
  の使っていたラフウェアのハーネスは抜け
  ないっすよ!
Commented by atarutti-123 at 2013-10-04 22:39
ぷちごろうさん、大変参考になりましたが、黄色の字が老眼の私には読み辛く感じてしまいましたm(__)m
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-05 01:40
ディノママさま
藤波辰爾とタイガーマスクとデビュー当時のダイナ
マイトキットが歩いているようなもんですもんね!
(こんな例えしか浮かばなくてお恥ずかしい^^;)


色々経験されてますね〜!もうこういうのって、慣れと
経験ですから、出来れば経験したくないけど、いっぱい
実践してるディノままがちょっと逞しくみえちゃいます
〜(^^)
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-05 01:46
ぴくるすさま
それが、相手の老夫婦、まったくびびってませんでした。
(^^;)闘犬種だとか、ガードドッグだとか、そんな
事ご存知なかったんでしょうな(^^;)

それどころか、遠くにいたミシェルを、おいで〜!もう
大丈夫よ〜〜〜!こわくないよ〜!って呼び戻してくれ
てました。

知らないから先入観がないんでしょうね(^^)
知りすぎてびびりすぎてるフチゴロウなので
(^^;)
そのオーラにほのぼのしちゃいました〜^^)、
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-05 01:47
atarutti-123さま

てへ、やっぱりい?(^^;;;)
声高に叫ぶのもちょっと恥ずかしかったので、
うすーい色で書いちゃいました。
たしかに、書いた私ですらよみづらいです(汗&笑)
Commented by ゼウスママ at 2013-10-05 06:15 x
あれま~‼ とうとうフチさんも遭遇してしまったんですね~。 意識せずに出る”ごるあ~‼”、、分かります。(爆) 私も予期せぬ事態に遭遇すると必ず大声で”ヘイ‼”が出てひとり後から恥ずかしくなります。
でもその後、フチさんひとりでロッティ、ドービー、ボクサーをマネージ出来たのが凄いです。(皆強面犬ばかり!) ウチはゼウス一頭で手一杯だったんで他2頭がいると考えただけで気が遠くなりそうです。
フチさん側にも相手側にも誰も怪我が無かったのは本当に凄い。 大きな拍手をフチさんにお贈りしたいです♪

落ち着くとやはりああした方が良かったのに、、等反省点が出てきますね~。 私もそうです。 実は数日前散歩中にノーリード犬に吠えたてられて私の方がギョどってゼウスのプロングカラーをあらぬ方向へ引っ張ってしまいそれまで落ち着いていたゼウスを逆に興奮させてしまいました。 その瞬間あ~私のバカバカ!と心の中で連呼してました。(笑)

本当に犬って知れば知るほど底なし沼のように奥が深いです。 
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-05 16:31
ノーリード犬との遭遇エキスパート、ゼウスママ様(フチゴロウ
命名:笑)ありがとうございまーす!

とっさのひとことが「ヘイ!」かっちょいい〜!(><)

MASUMIさんの影響でか、犬にかける「ハッとする言葉」
は濁音、破裂音、に無意識になっているフチゴロウです(^^;)

3頭をマネージできてたかってと微妙ですが、ミシェルが
参戦しなかったことは幸いでした(^^;)
ミシェルにリードが付いていたら、私はさらに慌てていた
でしょうし、結果オーライってことで〜(^^;)
ミシェルは、怖い時は見ない、逃げる、固まる、が出来る、
とても飼いやすい性格だということが知れたのが収穫でし
た♩

プロング引く方向にあらぬ方向っちゅうのがあるんですね〜(@@)
深い深い〜、底なし沼ふかーい!けどたのしーい!(^^)

もう、こういうのって、経験から学ぶしかないんでしょねえ(^^;)
練習のチャンスがたくさんあるゼウスママが羨ましいような
気もしないでもないですが、やっぱり、できれば遭遇したく
はないですよね〜(^^;;;)
Commented by もわ at 2013-10-07 09:00 x
遅まきながら……。
しつけのできてない犬に限って、ノーリードなんですよねw
そんでもって大体凶暴w
きちっと飼い主の横についてたり、飼い主をチラチラ見てるような子だったらノーリードだろうがまっぱだろうが、どうでもいいんだけど。
そんなんいないw

あっ、なぜかオフィス街でノーリードのトイプーを、
訓練中です(`ω´)
うちの子はこんなにも賢いの(`ω´)
はい、きりっとお座りして(`ω´)
はい、横について(`ω´)
ふふん!!!
ていうおばさんを見ましたが、しつけ以前にけったに轢かれるぞとw

狭いところでだけは、うちの二匹も後ろに回れるんだけど、
広いところであえての後ろっていうのは全然できましぇん(´д`)
フチさんにちょっと見ていただかなと思うけど、いまお休み中だしね!
Commented by fuchigorououkoku at 2013-10-08 09:35
もわさん
たしかにそうかも、、、、(笑)
観察したり、話を聞いてみると、犬に凶暴だったり、吠え吠え
だったりして、普通の散歩コースを散歩するのが困難な犬がこ
の山林コースを利用しているようなので(ま、故エビスもそう
だったけど^^;))
犬とのバッティングはさらーに要注意のようです(笑^^;;)

お、お、オフィス街でノーリードですか(^^;)
な、なんのために???(^^;;)
うちの子自慢したいのはわかるけど、けったに引かれて
死にまっせ〜ですよね(^^;)轢いたけったの方も気
の毒ですわ(^^;)

&どんなに小さな犬でもノーリードの犬に恐怖を感じる人
や犬(エビスのことね)も居るということを想像できる思
いやり、せめて自分は忘れないようにしたいとおもいます
(^^)

あ、そうそう、うちの「後ろに居させる」は脚即歩行では
なくて〜(^^;)「私より前に居なきゃよし」なので、
5m後ろ、10m後ろで、ニオイかぎしながら付いて来て
るっていう、ゆるゆるだらだらな感じです〜(笑)

お近くなら、一緒に散歩でも♩(^^)