犬の挨拶〜テツ&タマ〜

みなさあ〜ん♩お久しぶりでっす♩

今月号もMASUMIメルマガ、犬の挨拶パート2♩

読みましたか〜?

お客さんのワン達がいろいろやってくるフチゴロウ王国

なので(^^)犬の挨拶について日頃から常々、おもし

ろいな〜♩興味深いな〜♩

と思って観察してて、フリーセッションでも「犬の挨拶」

について知りたい♩という飼主さんも多いので、とっても

面白かったし、役に立つ内容でした〜!

え?読んでない?そんなあなたはこちらから♩
まぐまぐメルマガ

無料のサンプル号〜犬の挨拶〜とセットで読むとわかりやすい

です(^^)




さてさて、、改めまして。。。

犬の挨拶は絶対お尻から!

挨拶は必ずしなければならない!


と、ちょっと前まで思い込んでいたフチゴロウでっす(^^;)♩

でもそれは、時と場合と相手次第なのだと最近ようやく気がつき

ました(^^;)ああ、エビスを拾ったころにこの事に気がつい

ていれば、エビスの犬苦手はもうちょっとマシだったのかもしれ

ないなあ〜。ああ、知らないって恐ろしい。思い込みって恐ろし

い〜〜!勘違いっておそろしい〜〜!(^^;)







ちなみにうちのメスボクサーのタマは顔からの挨拶ができる女です。

自信満々のドミナント♩子育て経験もあるし、社会経験も豊富なおば

ちゃん犬ですので、顔を匂われてもビビリオーラを出したり、恐怖か

らうなり声を出したりしないので、相手に恐怖を与えにくく、ガウガ

ウに発展しにくいのでございます(あくまでフチゴロウ目線^^;)

ほとんどの犬と上手に挨拶できます。でも、全ての犬ではありません

から、挨拶させる相手は選びます(^^)私が。


以前、タマは挨拶上手だからどんな犬とでも挨拶できる♩と思って

興奮している犬に尻を差し出したところ、尻をがぶりと噛み付かれて

ました(^^;;;しぇ〜〜!!)

幸いタマは引きずらない性格だからよかったけど(^^;)

挨拶させる相手は、ちゃんと飼主が見極めてやらにゃーらんな〜と思

った出来事なのでした(^^;)

それからは、興奮しすぎている犬とは例え尻からでもあえて挨拶させ

ない事もありますし〜。

相手の興奮がタマの許容範囲内なら挨拶させますし〜♩そうでなけれ

ば相手の興奮が落ち着いてから挨拶させたり♩興奮を人間が落として

あげてからの〜〜〜挨拶にするようになりした(^^)

タマが噛まれてしまったのは失敗だし、良くない事だけど、その失敗

は絶対無駄にはしないぜ〜〜〜〜!わはは!


そうやって自分の犬や相手の犬の様子を良くみて、大丈夫か、そうで

ないか?が分かるようになると何がいいって、

犬達が怖い思い、嫌な思い、をしなくて済む♩

そうすると、飼主への信頼度もアップするんですね〜♩

母ちゃんに任せとけば悪いようにはせんやろう

そんな風にタマには思われているような気がします(¥^^)

理想は

母ちゃんに任せておけば安心♩

思ってもらう事だけど、まだまだかな〜(笑)


ということで♩挨拶上手になるには♩

挨拶の練習や犬慣れ、場慣れ、興奮を落としてあげる事も

もちろん大事なのですが(¥^^)

自分の犬や相手の犬が「何て言ってるか」が分かってくる

と「犬の挨拶」がスムーズに行くな〜なんて思う今日この

頃なのでありあす(^^)

ちなみに、、フリーセッションやお散歩会では挨拶の練習、

っていつもやってますけど、普段の生活でのお散歩では、

わたくし、すれ違う犬と挨拶させる事はほぼないです(^^;)

コーフンしてガンガン飼主引っぱってこっちガン見してる犬

や、うちの犬達見てギャンギャン吠える犬達を見てワッサワサ

し出すタマ、ミシェル、パンチに「気にすんな」と声かけて、

チョンチョンして歩くスピードも変えずにスルーでございます。

別にすべての犬と挨拶しなきゃいけないって訳じゃないし〜、

挨拶できる犬が偉い訳でもないしね〜(笑)








さてさて、この日は獣医さんに行きましたよ〜(^^)

診察室には先生の秘書♩シーズーのテツくんがおりました♩

テツとタマが挨拶してますよ〜(そういや最近見ないね、テツ&トモ^^;)

f0177261_22285144.jpg


f0177261_2229113.jpg


f0177261_22292225.jpg


社会経験豊富なこのお二人、挨拶慣れしておりますね〜♩

by fuchigorououkoku | 2013-11-28 22:58 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/20983128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。