犬種図鑑の利用法♩

すっげー!!

2008 Champion Sheep Dog

働く犬は生き生きしとるね〜♩

そもそも犬とは「可愛がるため」ために作られた訳ではありません。

「人がお世話をして、そして癒してもらうために」作られた訳でも

ありません(「トイグループ」という愛玩目的のカテゴリもありますが、

歴史をさかのぼれば、なにかしらの「道具として」の犬にルーツが

あります)

元々は野生の狼でしたが、人間の生活に役立つ道具としてその

目的に応じた仕事をするように改良し作られてきたのが犬種なのです。

ちなみにこちらは「テリア種」のリアルなお仕事風景♩

テリアは仕留める犬種、ってのはmasumiセミナーに行かれた方なら

耳にした事があると思いますが、そのリアルなお仕事っぷりがこちらです♩

ねずみ捕りの仕事中のテリア

貯蔵庫?(多分^^;)の中に居るネズミをいぶし出してそれを

テリア犬が仕留めます。ショッキング映像とも言えますが(^^;)フチ

ゴロウはまってくもってそう感じません(^^;)だってこれ、人間が行き

て行くために、食べ物を害獣から守るために働いているだけなんだも

もの(^^;)犬を道具として使っているだけのことです。「道具」という

と、なんだか、冷たーい感じがしますが、道具は道具でも、とっても「大事

な道具」です(^^)





そんなフチゴロウは犬を飼う前(10年以上前の事ですが^^;)に、犬の大きさや、

手入れのしやすさだけでなく、犬種図鑑を穴が空くほど見て、その犬種が作られた

目的♩とその犬が「問題行動」起こさないために、心身ともに健康であるために必要

とするであろう運動量や仕事を想像、推測、して。それを自分が与えることができ

るか、自分のライフスタイルとかけ離れすぎていないか?とかを考えました。

シーザーが言うところの犬と人の「エネルギーのレベルが違いすぎないか」って

のもこういう事じゃないかなきっと(^^)


運動たっぷりしたい犬を、部屋でまったりしたい、
散歩ぎらいな人が飼ったら、犬が可哀想やもんね〜(^^;)犬は喋らないし
文句言わないから気付かないかもしれないけど、もじ自分がその犬だったら、
って考えると、やっぱ、ねえ〜(^^;)
人間にとって困る問題が起きなきゃそれでいい!じゃなくて、犬にもそれなりに
満足して過ごしてほしいもんねえ〜(笑)


まず、自分の見た目の好みの犬種がありますよね(^^)そしてその中から、

犬種図鑑でその犬の昔のお仕事を調べ、こりゃ自分には無理だなーとか、自分と

はライフスタイル合わんな、とか、性格合んわ、って犬種を削除方式で消して

行きました(^^)そうやって「飼いたい犬」の傾向が自分でわかりました(^^)

その頃のフチゴロウは、犬の散歩中に他の飼い主さんとしゃべりたい人間だった

ので、対人にフレンドリーな気質というのも条件に入っていて、その結果、先天的

な心臓疾患が多いというリスクはあったけれど、

フチゴロウの中で私が飼いやすい犬種ナンバーワンはキャバリアでした(^^)

キャバリア飼いになる予定でした。が、なぜか違う犬ばかりと暮らしてますけど

ね(^^;)きっとキャバリアと暮らしてたら、暗黒時代も経験することもなかった

ろうから、喉から手が出るほど「犬を知りたい〜」とは思ってなかっただろう

から、結果オーライやけどね(笑)



その犬種がすべて同じ性格、性質ではないだろうけど、おおまかな傾向はあるもんね。

そういう風に、犬種図鑑を使っております(^^)

問題行動に悩むあなた♩自分の犬の犬種としてのルーツ、歴史を、調べて

みませんか?なにかヒントが見つかるかもしれませんよ〜(^^)

by fuchigorououkoku | 2014-06-18 09:26 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://fuchiko.exblog.jp/tb/22330990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by うららとはるの母 at 2014-06-23 15:02 x
ひえっーっ。
まさか、フチ先生が、最初に選んだのがキャバとは知りませんでした。
私も、そんな選び方をしました。

キャバが私に合っているのか・・・・で、実行しました。
それで、うららが来たんです。

最初がキャバで今はボクサー????
Commented by fuchigorououkoku at 2014-06-24 09:53
うららとはるの母さま
はい♩昔はキャバリアのブリーダーさんを訪問させて
もらったりして、いつかきたるキャバリアライフの準備
をしていたものです、、、が、現実は、、、、、(笑)
苦労を知らない私に「ちょいと苦労しなさい」という
神様からのお告げだったんだろな〜(笑)