2012年 02月 26日 ( 1 )

徘徊中のラブじいさん拾いました

追記:係留用のワイヤーについて。
某ベテランボラさんが教えてくださいました。
このタイプの係留用のワイヤー、ちょっと古くなった
かな〜って思う頃、何の予告もなくブツっと切れるそ
うです。
亀の功より年の功、100冊本読むより、10匹の保
護犬と過ごせ、ということわざがあるように(ない?
?笑)経験者の話は、説得力あるわ〜。







道をふらふら歩いていた。

多分今までだったら見て見ぬ振りしてたけど(^^;)

ケンケンが迷子になった時に無事帰ってきたお礼を神様

にしないといけないよねやっぱ(^^;)

車をUターンさせ追いかけた。

首には千切れたリードがぶら下がってる。迷子かな?

近づけるんだけど、首輪を掴もうとすると すっ、と

逃げるのでリードを輪っかにし首に通して身柄を確保。

f0177261_13513643.jpg




あ、皆さんご存知だと思いますが、放浪犬を捕獲する際の
ポイントをおさらいしておきましょう♪

面識のない犬の場合、正面からのアプローチはとても危険
です。正面からでなく、横からアプローチしましょう。
犬は、あ、この人助けてくれようとしているんだ♪なんて
わかりません
捕まる!怖い!と思えば噛み付いてくる場合もあるでしょ
う。犬に噛ませないようにするためにこちらの配慮が必要
のなのです。
犬と目を会わせない事も重要です。
正面からしか近づけない場合は犬に背中を見せる状態で背後
から近づくとよいですね。隠れるもの、場所があるときは、
その場所から離れさせる、ソファーやクレートなど動かせる
物であればそれを取り除いて、守るべきスペースをなくすこ
とも大事です

こんな配慮なくても、簡単につかまるフレンドリーな犬も
いるでしょうが(^^;)この基本を覚えておくのは、犬
も人も安全に、犬を捕獲するときには大事ですね♪




確保されて安心したのか、寝始めた(^^;)

f0177261_13512517.jpg




首輪には迷子札が付いていたので電話したけ

ど留守だったので、警察に犬を引き渡した。

自らパトカーに乗り込むラブじいさん(^^;)
f0177261_1351664.jpg




その日のうちに飼い主さんの元へ帰れたそうです。

よかったよかった。

ちなみに、この千切れたリードみてくださいな。
f0177261_13511543.jpg




細いワイヤーが編まれて樹脂コーティングされてい

るタイプなんですが、鎖タイプよりも軽くて、じゃら

じゃら音がしなくていいのですが、

劣化したら切れますし、犬がその気になれば、簡単に噛み切

ります
ので、

逃亡の可能性のある犬をの係留には不向きです。

ちなみにこのラブじいさんの場合は、噛み切ったので

はなく、古くなって切れたそうです(飼い主さん談)。

今日のほっとする出来事でした。。。

by fuchigorououkoku | 2012-02-26 14:01 | フチゴロウ日記♪ | Trackback | Comments(4)