消したい過去

大人になってから初めて飼った犬はロットワイラーオス、

元保護犬というプロフィール。

フィラリアの後遺症か?なんだかわからんが、とにかく、

体が弱くて、何かあってはすぐに病院へ駆け込む犬ライフ

だった(^^;)

どんな病状だと緊急を要するのか、全く無知であり、わか

らなかったので、とにかく、下痢、吐いた、血便、血尿、

痒がる、元気がない、階段につまずいた、なんとなく元気

がない、etc、、、、すぐに病院へ駆け込んでた(^^;)

毎回「死んじゃうかも〜」と不安でいっぱいで、悲壮感を

漂わせた私は「超心配性なモンスター飼い主」と病院では

思われていたかもしれないね(^^;)


あるときなんか、、、、

昼寝から起きてきた犬のお◯んちんが、腫れていてびっく

りした私は、学会のため出張中の院長先生を呼び出すほど

大慌てした。

「お◯んチンが腫れて、固くなってるんです〜!!!」と

真っ青になって先生を呼び出してもらっている、そうこう

しているうちに腫れは引いていった。

そう、それはだだの、男子特有の生理現象だった(^^;)

できれば記憶から消し去りたい恥ずかしい話である。


そんなフチゴロウも、今は、タマが倒れたときは、唇の色

チェック、体温計測、心拍、心音、瞳孔チェック、して、

その時の様子を正確に獣医に伝えるという冷静な行動を取

れるアダルトな飼い主に成長した(笑)

by fuchigorououkoku | 2011-10-14 16:16 | ロットワイラー響くん | Trackback

あれから〜♪いちねん〜♪たちました〜♬

じゃじゃ〜ン!
f0177261_8514531.jpg


今日は響くんの一周忌です。

夜中、響きくんが亡くなった時間に、ふと、目が覚めました。

響くん、うちに来て幸せでしたか?

1年経ったら、楽しかったことだけを思い出せるようになる

かな?と思っていたけど、、、

今でも、もっと大切にしてあげればよかった、もっとこうし

てあげればよかった、と後悔ばかりです(^^;)

もう、助からないと、信じたくなくて、最後の最後まで、奇跡

を信じて積極的に治療をしたことは私達の我がままで、苦しい

時間を長くしてしまっただけだったのではなかろうか?と今で

も悔やんでいます(^^;;;;;;)


これからも動物を飼っていれば同じ場面があるでしょう。

そのときは、できるだけ、苦しみの少ない方法を、安楽死も含

めて、選択しようということを、今は心に決めています。



あれから1年、犬、猫達を通じて、多くの人との出会いがあり

、ブレブレの未熟者だった私は、すこしだけ、成長しました(^^)


ありがとう響くん。

これからも、見守っていてね。

私達も、あなたのことを、ずっとずっと、愛しています。



なんてこと書いてたらぎゃ〜!!涙がどば〜〜〜!!!

まだまだ立ち直るにはしばらくかかりそうですな(^^;;;;;)

by fuchigorououkoku | 2010-10-13 08:57 | ロットワイラー響くん | Trackback | Comments(4)

ひえ〜!と思うとき

あなたはどんなときに「ひえ〜!!」と思いますか?

こんばんわふちごろうです。


先日、某有名霊能者に響くん(去年亡くなった愛犬のロットワイラー)

のことを聞きたくてセッションを受けてきました。

あ、いっときますけど、わたくしこういったスピリチュアル的なものに

傾倒している訳でもなく、かといって否定する訳でもなく、中間な感じ

の人です(ー^^)

好奇心旺盛ゆえ、とりあえず、何でも一度は体験、経験してみなけりゃ

気が済まないもんで、、、(^^;)


で、話もどりまして。霊能者さんに、事前に、犬の写真(できるだけ最

近のもの)、や、使っていた首輪などを持って来て下さいと言われており

ましたので、そこは、響くんの為なら会社の重要会議でも休むほどの響く

んラバーズな夫(←社会人としていががなもんか!?^^;)に、「ねえ、

響くんの写真で出来るだけ新しいやつで、顔のアップと全身と、アナタと

一緒に写っている写真を選んでプリントアウトしといてくれる?とお願い

しておきました。

するとどうでしょう、動きの鈍い夫が翌朝には写真を準備しているではあ

〜りませんか! 響くんのこととなると、夫の魂は猪木並に燃えるようで

す(^^;)

そして、夫から渡された写真を見て、私はぶっとびました。

なぜならその写真は、棺桶の中でお花に囲まれた響くんと夫のツーショット

写真だったからです。

「出来るだけ新しい写真」というのを額面どおりに受け取った夫に、フチゴ

ロウはひえ〜!とぶっ飛んだのでした(^^;)

彼のそんなとこが、嫌いじゃありません(^^)ぷぷぷ。

さ〜すがにその写真は公開いたしませんけど(^^;)

で、霊能者の方とのお話の結果はって?  それは、ひ、み、つ♪(^^)

by fuchigorououkoku | 2010-10-01 19:01 | ロットワイラー響くん | Trackback | Comments(2)

おかえりなさい響くん♪

おとといから、

ヒインコのひーこさんが
f0177261_10462799.jpg


ひびき〜!ひびき〜!

と今年初盆の響くんの名前を呼んでるって書きましたが、、、

昨日は、

コンゴウインコの番長が、
f0177261_10471719.jpg

ひい〜びきいいい〜〜!

と、だみ声で叫んでおります(^^;)声でかいんで、耳痛いっす(><)

コンゴウインコの番長くんも、響の事が大好きでしたからね(^^)

きっと、響くんが帰って来てその辺をうろうろしているのでしょうか?

私には分からないけど、鳥達には何か感じるのでしょうか〜??


とりあえず、その辺にいるんだと思うと、なんだか、嬉しいね(^^)

by fuchigorououkoku | 2010-08-15 10:52 | ロットワイラー響くん | Trackback | Comments(0)

お盆とロットワイラーと響くん


フチゴロウ家が犬や保護活動に興味を持ち始めたきっかけは、先代の

ロットワイラー、響が愛護センター出身だったからです(^^)

所ジョージさんのお家にもロットワイラーのケリーちゃんがいますよね♪

ケリーちゃんは、ドッグスクールタカギさん出身のお嬢様です(^^)






所さん、何回言ったのか数えられないくらい「カワイイ」を連発して

います(笑)わかるわかるその気持ち!

筋肉に毛が生えて、黒と茶色のデザインが素晴らしい、、、って。同感っす!!

でもこちら、在りし日の響くんはもっとかわええ〜〜けどね〜♪(←バカ親)
f0177261_1255780.jpg


そういえば、今日は響くんの初盆です。

さっきお友達からのメールで気がつきました(^^;;;)

響のことが大好きだったヒインコのヒーコさんが、今日は

「ひびき〜、ひびき〜、」とよく喋っています(若干不気味^^;;;)

だって、特にひーこさんは響くんのことが大好きだったからねえ、、

          ↓ヒーコさんと響くん

f0177261_1944117.jpg


てことで、お帰りなさい響くん♪

盗み食いなんてしなかったあなたが、唯一誘惑に勝てなかった栗の木ランチ

の総菜コーナーの鶏の唐揚げをどどーんと1パック(ああ、あんて太っ腹な

わたし、、、)お供えしてあげるからね(^^)


みなさんも★になったワンニャン人間、沢山の霊達と賑やかなお盆をお過ご

しください!ハバナイスぼーん♪(^^)

by fuchigorououkoku | 2010-08-13 19:47 | ロットワイラー響くん | Trackback | Comments(2)

〜回想録〜響くんと始めて会った日

東海警察犬訓練所で始めて響くんと出会った日。

訓練済みもしくは引退したシェパードを探して訪ねた時、始めて

この「ロットワイラー」の実物を見ました。

ちらつく雪の中、訓練士の比嘉さんに連れられて来た響くんです。

f0177261_1519368.jpg


私たちに対しては、眉間にシワをよせ、無愛想でしたが、(吠えた

り、うなったりはもちろんしませんでした)訓練士さんの事は大好

きなようで、しっぽふりふりでした(^^)

訓練のことなど全く知らなかったので、歩き方や、コマンドの出し

方、タイミング、など、基本的なことを教わりながらその辺を散歩

しながらリードを持たせてもらい練習しました。

終止、やりたくなさそーに、しかたなさそーに、ついてきていた響

くんの様子を今でも鮮明に覚えています(^^)

あまりの愛想のなさに、私は乗り気でなかったのですた、ミスター@

旦那様が、なぜかとっても気に入ってしまいこのこを迎えることにな

りました。このときは、重度のフィラリア後遺症があることなどは知ら

されませんでした。知ってたら迎えてなかったと思います(冷たいフチ

ゴロウです)引っ越しは翌月、それまでは、散歩の仕方など、基本的な

訓練の仕方を教わりに何度か通います。

しかし、いくら良い子でも我が家の先住鳥さん達と仲良くできなければ

、鳥達に危害を加えるようであれば家族として迎えることはできません

から、とりあえずはお試しで様子見からということで所長さんにお願い

しました。

by fuchigorououkoku | 2005-12-18 15:23 | ロットワイラー響くん | Trackback | Comments(0)